So-net無料ブログ作成
検索選択

柿酢 [食]

柿もボトボト

家の前に、古い柿の木が何本も
幹には苔が生えて
柿は沢山なっているけど、赤くなると虫が入ってドロドロになって落ちてしまう

果樹も、手入れが必要なんだろな
大家さんがよく来ていた頃は、ちゃんとした柿ができてた気がする

ボトボト落ちる柿を
犬がひたすら食べ
私も拾って、瓶にためる

毎日かき混ぜると
これも発酵して
そのうち美味しい柿酢ができる…はず


さ(砂糖)し(塩)す(酢)せ(醤油)そ(味噌)
いま、し、す、そ
あとは蜜蜂と暮らせたら、
いいなあ。

image.jpg

葛の花の酵素シロップ [食]

あちこち、ポトポト葛の花が落ちて
紫のじゅうたん

お茶畑にいく途中で、いい香りなんだよって教えてもらったり
子供が、ママに♡って、摘んできてくれたり
子どもの農雑誌「のらのら」を開けば、葛の花の酵素シロップが載ってたり…

なんだか(私の)世間は葛づいてるな…

というわけで、お花をちょっと集めてきて、葛の花の酵素シロップづくり
image.jpg
image.jpg
完全に、色水作って遊んでる幼児だな…
何やってんだと思いながら作業


のらのら より
1.葛の花をしごいて、軸からとり、しばらく干して虫を逃がす

2.花と同量の砂糖を混ぜ、瓶に入れて水をひたひたにそそぐ。

3.1日一回かき混ぜる

4.しゅわしゅわ、発酵して泡が出る

5.3〜4日して泡がおさまったら、濾してシロップの出来上がり

image.jpg
あま〜い、葛の香り
酵母の匂い

クズの花は乾燥させると漢方になるそうな
肝臓によく、二日酔いの薬なんだって
それから、イソフラボンが多いので女性らしさを引き出したり、骨粗しょう症にもよいかも

ふむふむなるほど、
身の回りには、いつもお薬がたくさんあるんだなあ


女性ホルモン…♡
のんどこ。


麹作りのおじさま [食]

ご近所のおじさま(この村のボス的な)に
お借りしていたものを返しに行くと

ちょうど、麹を作っていました!!

IMG_3252.jpg

そうだった、おじさま(ただの「おんちゃん」ではないので「おじさま」としておく)は、
毎年麦の麹を作っては売っているのだ!!

何台ものかまどで、麦を蒸し
はんぼ にあけて冷ます

IMG_3250.jpg

もち米と、大豆を炒って砕いたものを混ぜて
麹菌でかもす・・・



出来上がった麹を買って帰りました
フレッシュです
麦、もち米、大豆 初めて聞いたけどおじさまのオリジナルブレンドなのかな

unnamed-12.jpg

これに、
「醤油を、あれだ、ビールのコップあるか?あれで2杯と
 みりんを、、、1合。毎日混ぜて3日で食える」


オッス!帰ってやるっす!
・・・ビールのコップないけど、あれも1合か・・?まあいいや


今日で3日目

2.jpg

艶やかなもろみ味噌が3日で完成!?早くきゅうりと食べた〜い
(ついでにドブロク少々も仕込み中。。おじさまブレンド、楽しみ!)


・・・というわけで
さあ、私も味噌の麹、ついに仕込むぞ! 続く


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
2016年お紅茶と梅エキスが出来ましたっ

のの 謹製
手摘み手揉み紅茶 1袋 25g 650円
梅エキス 1瓶 30g 1000円 売切れ

レターパック、代引き可。
数量限定です。お早めにどうぞ。

■■ご注文・お問合せ■■
 地球食堂 chi9syokudo☆gmail.com (☆を@にかえてね)
もしくは 
 ヒカリネコ舎 http://norarecords.jugem.jp/?eid=282


畑から台所へ、台所から畑へ [食]

image.jpg
キッチンの小さい人たちがかわいくて。
畑から台所にきたひと、畑へ戻るひと。

枇杷の種、
炒りピーナツ、木苺
赤玉ねぎペコロス
ねぎの根っこ
お花



(話すと長い)解説
ビワの種
奈良のお義母さんのくれた枇杷、
を食べた後の種。
そもそもお義母さんが食べて美味しかった枇杷の種をまいたら出来たという…
美味しかったので私も蒔こう。残りは焼酎につけてお薬に。

煎りピーナツ
去年収穫して食べ忘れていたものを発掘。
煎った。ココナツオイル×天日塩がベスト。
食べ過ぎ注意。

木苺
学校帰りにこどもと河原で採集。
お兄ちゃんはとるのは好きでも食べない。
それでも誕生日ケーキにのせる予定。

赤玉ねぎペコロス
何も聞くな

ねぎの根っこ
くらし(職場)で買ったねぎ、を食べた後の根っこ。
畑で再生。

お花
黄色いのは春菊の花、会社帰りにつんできてくれた紫陽花


森のイスキア [食]

森のイスキア
佐藤初女さんがお亡くなりに

ご冥福を、お祈りします

お会いしたかったけれど
お会いしたことがないけれど

食事を作ることで
沢山の方を癒して来られた方
日本の、マザーテレサのような

ただひとつのおむすびでも

きっと彼女のおむすびを食べれば
涙が流れるだろうと思う

何て素敵な、美しい方

彼女のスピリットは沢山の人の胸に
これからもきっと人を癒してくれることと思う

そんなおむすびがにぎれるように
食べ物のいのちを大切に食卓に繋げるように
もっとちゃんと向き合って料理しなくては

気を引き締めて
でも優しく…

ありがとうございます
安らかに

https://www.ntt-f.co.jp/fusion/no27/tokusyu/tokusyu.htm


キビナゴのアンチョビ風 [食]

冬の夜な夜な仕事
キビナゴのアンチョビ風

新鮮で大量のキビナゴに出会ってしまったら
あ〜、忙しいのに、うっかり出会ってしまったら…

image.jpg

…はい、がんばります
ちょうど切らした所だったのでね

キビナゴはキラキラ、綺麗な細長の小魚

指で頭をとって開いて、わたをぬいて、洗ってふく
それでもキラキラ
ここでお刺身も美味しい、キビナゴって高知にきてはじめて食べました。

image.jpg

保存容器に塩をたっぷりまぶしながらいれて、1ヶ月放置

image.jpg

1ヶ月後、キビナゴは塩抜きして油に漬け、
出た水分はさらに寝かしてナンプラーになるのです

私はずぼらなので油に漬けないで、塩漬けのまま保存して使いますけど。

お塩はもちろん父ちゃんの作っている、海工房の美味海(うまみ)。

キビナゴにまけじと、お塩もキラッキラ!!

お塩を作る過程で、クラシックを聞かせたり、
波動に気を使ったりしているそうで、本当にキラキラで、美味しいのです♡

楽しみだな〜アンチョビ。
ちょこちょこと、美味しい調味料を作り置きするようになって、
毎日のご飯が、シンプルだけど美味しい。
(そろそろお味噌も仕込まないとね…)

ああ、美味しい食材を恵んでくれる高知に感謝!

くり、栗、栗 [食]

image.jpg
すっかり秋ですねえ
冬に向けて種をまきまき
している間に、
オクラ、茄子、キュウリ、ししとう
夏に不調だった夏野菜が、今頃いいかんじ

大雨のおかげで、たくさん栗が落ちてきました
雨の多い今年は栗の成り年
しんどいけれど、いいこともあってやめられない、山暮らし

たくさん、お向かいのおばあちゃんの栗を拾わせて頂いたので、
恒例の、渋皮煮
今年はお兄ちゃんも皮むきを手伝ってくれて
かまどで、1日かけて
羽釜満タンの渋皮煮!
む、ふ、ふ、ふ、ふ、ふ

翌日は、それを裏ごしてモンブラン
丸2日がかり、年に一度の甘々スウィーツ。
畑に掃除に忙しいけど
全部放り投げて、栗ざんまい。


栗をもらったおばあちゃん、大家さん、お世話になってるご近所さんにお裾分けにいこう。

image.jpg
そうこうしているうちに、
紫蘇の実がふくらんでるし、バジルもとらなくちゃ
お茶をほしたり…わああ、収穫の秋だよ!

ありがとう